「うつ」から復帰への道すじ

アクセスカウンタ

zoom RSS 新制度手続き

<<   作成日時 : 2006/02/08 22:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

今日はメンタルクリニックの方の通院日でした。

月曜日ほどの痛さではないのですが、まだコリの方は治っておらず、首を動かすと鋭い痛みが走ります。
といっても、痛い場所は首から左肩から肩甲骨にかけて、に移ってしまいましたが。
昨日のカイロプラクティックで施術されたあと、気づいたら首の痛みはなくなっていたものの、痛みがそっくりそのまま移動していたのでした。
やはりその部位自体をいためているのではなく、体のゆがみからきている痛みであることを実感。
そして、枕があっていない可能性もあるので、バスタオルで簡易枕を作って、それで試してみてくださいと言われました。
早速昨夜試したところ、そのせいかどうか、今朝は昨日よりも少し痛みが引いていました。
やっぱり関係あるんですかね〜。
しばらく試してみようと思います。

そこでは今日もくるように言われたのですが、今日はメンタルクリニックの方の通院日なので明日行くことに。
今日一日、肩だけではなく左腕全体に鉛が流し込まれたような鈍痛があり、電話を取るのがつらかった〜。

メンタルクリニックでは、肩の痛みを除けば今のところ調子はいいことを告げ、東京都から送られてきた分厚い診断書を渡し、次回の診察までに書いてもらうことに。
例の32条廃止、新制度への移行に伴う必要書類です。
しかしこの手続き、みなさんからも苦労された旨をお聞きしていましたが、本当に面倒ですね。
区役所に納税証明を取りにいき、この診断書を書いてもらい、ほかに自己申請書を書き、そこには医療部門コードを含めた通院先と薬局まで所在地などを記入する必要があります。
今日ついでに書いてもらっちゃいましたが。
そして提出できるのは、うちから中途半端に離れた保険相談所。
もっと近くにも保険相談所があるのですが、僕の住んでいる町はそういう割り振りになっているそうで、近い方への提出は認められていないそうです。なんじゃそりゃ。
しかも月〜金の8時半から5時半までしか受付してくれないと。
せっかく行き始めた会社を休まなければなりません。

先生によると、病院側でも今回の手続きは大不評らしく、苦情が役所に殺到しているそうです。
僕の通っているような個人医院でも大変なのに、大きな病院ともなると、かなりの人数分の診断書を書かなければなりません。
しかも、「出来るだけ詳しく」「詳細に」「具体的に」などと言う言葉がこれでもかといわんばかりに並べ立てられている、たいそう意地悪なフォーマットになっていまして、ほんとにこれ全部チェックするのかよ、と思いたくなるような設問の数々。
そのため、申し込み期限の3月末を延長するよう、働きかけも行われているとか。

また、さらにいやなことに、収入の証明となる納税証明は平成16年度のものが適用となるため、まだ給与があったころの納税証明を使わなければなりません。
去年いっぱいは傷病手当金オンリーだったので、課税上の収入はほぼ0だったのですが、平成16年度はある程度の金額になっています。
「一定以上の収入」にあたるわけです。
そのため、先生からは「できるだけ受理されるような書き方をしようと思いますが、なにぶんお役所のすることなので、必ず通るかどうかは申し上げることが出来ないんですよ」と申し訳なさそうに説明されました。
一応うつが該当する「気分障害」は「重度かつ継続」に相当するらしいので、おそらく大丈夫と踏んではいるのですが、仮にNGだった場合はかなりきついですね。
通院ごとに4〜5千円かかってしまうことになるのでしょう。
もちろん僕などはまだ恵まれているケースだというのは重々承知しているのですが、それでも今までの6倍の金額を払うのは大きな痛手です。

そのまま終わるのも癪なので、ついでに血液検査をしてもらうことに。
実は今まで、2年近くこの病院に通っていて、一度もしたことがありませんでした。
特に内臓疾患系の症状が出たりしなかったことから、医師も必要性を感じていなかったとのことでしたが、32条が適用される安いうちに受けておこうという貧乏根性と、先日の「あるある大事典」で、内臓疾患からくる肩こりもある、というのを見て、念のためやっておこうかなと思いまして。
我ながらミーハーですね〜。
会社の健康診断も2年連続で受けていないし、ちょうどいい機会です。
でも、変な病気が見つかりませんように。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
自己支援制度は面倒臭いという声をよく聞きますが、僕の住むつくば市では、世帯主が行けば、収入証明は要らないんですよ。今日、申請書を書いて、保険証だけ持って出かけ、5分位の時間で申請が終わりました。
ウタ
2006/02/08 22:41
今晩は、
私の所にも書類届きましたよ、何が何だか分らないので体調の良い時に役所に行ってきます、
全く面倒くさい!
オスカー
2006/02/08 23:35
こんばんは。
手続き、大変なんですね。
あー、読んでるだけで頭痛くなります。
血液検査の結果がOだといいですね。
如月メイ
2006/02/09 00:01
手続きが終わったものとしては意外と面倒では無かったという感想なのですが、何しろ俺の場合収入無し、両親共に年金暮らしなもので確実に通るので参考になりませんね。

本当に何が自立支援だと言いたいんですがね。
まさしく精神的な病を軽視しているとしか思えない。

URL
2006/02/09 16:33
ウタさん
それはうらやましい!
確かに自治体によって対応が全く違うと医師も言っていましたね〜。

オスカーさん
届きましたか。オスカーさんもウタさんのように簡単に住む地域だといいですね〜。
役所に行くだけでも面倒ですけどね。

メイさん
長々と愚痴に付き合っていただいて、お疲れ様でございました(笑)。
血液検査は久しぶりですが、何も出ないといいですね〜。
昔太っていた時に一度だけ脂肪肝が出たことがありますが、それ以来なんともなかったので、今回もそうなることを祈ってます。

馬さん
もう手続き終わられたんですね。
本当に自立支援とは名ばかりの、自分で何とかしろ制度ですね。
もっと削れるところがあるだろうになあ。
なにも一番困っているところから削らなくてもいいですよね。
ぎっちょ
2006/02/09 21:45
ぎっちょさんへ。こんばんは。通院お疲れ様です。手続き大変そうですね。うまく通ればいいですね。
まっくん
URL
2006/02/09 22:00
まっくんさん
お疲れのところコメントありがとうございます。
本当に、頼むから通ってくれ!と願うばかりの今日この頃です。
ぎっちょ
2006/02/09 23:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新制度手続き 「うつ」から復帰への道すじ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる